2020年5月22日金曜日

忠告


子供の頃や思春期、20代前半まで
親や目上の忠告に逆らい行動しても
大体は言われた通りの結末になる。

それを「若さ」や「青春」と呼び、
私は常にでしたが誰もが経験する。

でも、それが30過ぎて同じならば、
「若さ」「青春」では済まされません。

「私はこう思いこうしたいです!」
「自分の人生は自分で決めます!」
よく聞きます。その通り間違いないです。

では一体、どの心理がそうさせるのか?
「欲望」か?それとも「道徳」なのか?

損得勘定の社会では「利用」と「利益」
が物事の裏に潜む決して甘くない世界、
大人になり働けば否応なしに知る現実。

人は「私利私欲」なですが、
「仁徳」の種も持ち合わせています。
自分勝手に生きるは楽でとても簡単、
芽吹かせ育てるは大変で難しい。

同じ意味の「利用」「利益」なら、
人を不幸にする「私利私欲」より、
幸せにする「仁徳」が絶対良い筈。

「善人が堕ちる様に」「悪人が目覚める如く」
何事も失うは簡単で速く、保ち得るは努力と
忍耐と曲げず折れない信念と精神が必要です。

「こう思います!」「こうしたいです!」
と言える環境とは、あなたの事を
「大事に守っている」「大切に想われている」
場所だという事を忘れてはいけません。

昔、忠告や怒られるのが嫌でしたが今は自分を想う
人から親身に忠告され真剣に怒られたいと思います。

「忠告されるからする側」「怒られるから怒る立場」
順当なら、これもどうやら年功序列の様です。
そうなら相手に響く仁徳ある年功序列でありたい。

例え、今は
解らなくても5年後10年後に
「解るなぁ」苦笑い出来るなら幸いです。
そして、それが正しい忠告であったと願います。

2020年5月13日水曜日

埋まらない溝

メディアを見る限りでは、コロナ感染も抑えられている気がしますが油断禁物です。

明日には34都道府県も要請解除の予定、学校や施設店舗も再開され、徐々に自分も含め人々の気が晴れる事を願うばかりです。

世界規模の混乱の中、日本は他の国と比べ事実、被害を食い止めている。しかも中国やアメリカの様に早期の政治決断が行われていない中でです!

これは「政治」ではなく「国民の努力」が成す業!

未だに届かない1家族たった2枚のマスクが送られる前に国民は既に自力で何とかしています。

制限規則の30万給付から一律10万へ変える間、暮らしが困窮する人がどれ程いるのだろう。

無念に倒産した経営者や、抜けられぬ不安を抱えたままの中小企業が一体いくつあるのだろう。

紛れ今やるべきは定年を延ばす法改正ではない!
言い付けを守った国民をこれ以上、愚弄するな!

所得300万の国民が選ぶ票と納める税で成立つ先生方が、その国民の生活や苦しみを知らぬ存ぜぬは愚の骨頂すぎます。

消えた年金、震災原発、そしてコロナ、これでは国民との溝は一向に埋まりそうにありません。

国が違えば暴動が起きても不思議ではないはず。

これも律儀で規則正しく我慢強い国民性が成せる事だからこそ、もっと良く素晴らしい国にしてほしいと一国民として心から願い、そして頼みます。






2020年5月7日木曜日

宝石の国

フォスフォフィライト
「出来る事しか出来ないよ!」
アンターチークサイト
「出来る事しかやらないからだ!」
フォスフォフィライト
「出来る事なら精一杯やるよ!」
アンターチークサイト
「出来る事しか出来ないままだな!」




ヴォルツ
「強くなって満足か?」
フォスフォフィライト
「良い事が無い…」
ヴォルツ
「だろうな!!」
金剛先生
「力に孤独は付きものだ」
ジェイド
「では、先生も孤独を お感じになる事はあるのですか?」
金剛先生
「ひ・み・つ」




フォスフォフィライト
「ここ(目)から漏れる合金だけ何故か制御できないんです!」
「すみません…」
金剛先生
「これは、古代生物の欠陥で お前のせいではない」



フォスフォフィライト
「冬から春に変わるのを見るのは初めてです」
「生き物は、こんな速さで変わって行くんですね」
「怖いな…」
金剛先生
「お前もだよ」
フォスフォフィライト
「それは、そうです」
「そうですね…」
「怖い…」




パパラチア
「清く正しい本当が…」
「あたり一面を傷付け、まったく予想外に変貌させるかも知れない」
「だから冷静に…慎重にな…」

アニメ「宝石の国」より抜粋

2020年5月1日金曜日

理由(わけ)

もともと寝つきは昔から良い方ではない。

まぶたを閉じると大半、過去の失敗やあまり良くない出来事を思い出す。

それが、幼稚園の幼い頃から現在までと幅広く自分でも嫌になる。

起業してからは仕事の不安や悩みも足され眠るまでの時間は更に長くなる。

「あの時、何故ああしたのだろう…」
「間違っていたのか?」「これで良かったのだ!」

などと、時は戻らず何も変わらずと知りながら暗闇で独り悶々と想い考える。

逆に楽しい嬉しい事を思い出し、独り笑いと独り幸せを感じる時もほんのたまにある。

何で私は、こんな思考になるんだろう…

自分の弱さやズルさを悔いているから?
責任や重圧に押しつぶされそうだから?
孤独の寂しさ虚しさから逃れたいから?

いや、そんな格好の良いもんでも何でも無く、ただ単に「自分と戦っている」だけなんだと最近この歳になり「理由」が分かった様な気がします。

負けっぱなしの上、遅い気付きですが(笑)

2020年4月23日木曜日

皮肉

昔、京都で開催し定めた「京都議定書」で二酸化炭素の排出を減らし環境の汚染破壊を止めるが、世界環境問題の始まりだったと私は記憶している。

当時は、車の排気ガスやスプレー缶に含まれるフロンガスから取り組み、現在のレジ袋や細かなゴミ分別、節電やエコ活動等に至っている。

途中、オゾン層に穴が開いているや、海面上昇で南の島が水没するとか、北極か南極で白熊が溺れている等のニュースが飛び交う。

だが、時が経ち物事と真実が観え冷静に判断できる様になると、いくらアイスランドやノルウェーが問題に取り組み環境先進国になっても小さな島国や王国では物量にはかなわないと知る。

無論、日本もそうだし、だから無駄な訳でもない。

それを成すには世界中の国々、人々が同じ意識を持ち同じ方向を向かない限り困難なのだ。

単純と知りながら難しさも理解する。

その環境問題に加盟しないが物量で勝る大陸のアメリカと中国では、外出規制で40年ぶりに交通渋滞が無いとか、汚染物質のPM2.5が消えたとか、大気汚染が30%回復し空気が綺麗になったと聞く。

これは、コロナが起こした皮肉なのかも知れない。

2020年4月18日土曜日

偶然


夜中に目覚め時計を見ると3時33分とか…

ふと思い出す相手からの連絡や出会いとか…

高揚した時に空を見上げると満月だったとか…

誰もが覚えある日常での偶然。解らないが、それには何らかの意図があるのかも知れない。

同様にレシートが777円とか1234円とか誕生日数字の時がたまにある。

先日、コンビニで適当に買い物をすると、1000円ピッタリだった。

思わず「ピッタリだね!」とレジの女性店員に言うと「そうですね!」と苦笑いさせてしまった(笑)

誰かが言っていたか?何かに書かれていか?忘れたが「偶然という名の必然」の言葉を思いだす。

2020年4月16日木曜日

真価












「木を見て森を観ず」
森を考えていた筈が、いつの間に木ばかりにとらわれていたのは自分です。

「得るとは何かを失う」
得て勝手に満足し、失う結末が怖くて目をそらしていたのは私です。

「攻撃は最大の防御」
進むため攻めた結果にあぐらをかき衰退の守りに入っていたのは己です。

散々、いいだけ悩み迷い悔い苦しみ反省して愚図ったら後は前を向き歩を出し進むだけです。

日々、悪化をたどるニュースが流れ、戦後最大の不況が訪れるなどと言われています。

そういう時だからこそ真価が問われます。

訳の分からんコロナなんぞに負けない!この場所もそんなんで無くさせはしない!